T   R   A   N   S   C   E   N   D    B   L   U   E


清 浄 編      日 輪 編      蒼 天 編



剣が観ている、剣が聴いている、剣が啼いている
清浄なる流れの中に、高潔な魂を委ね、剣に呼応せよ
その手の内に、孤高が訪れる時まで





遥か太古の昔、かつて存在した5つの巨大国家は、度重なる激しい戦争の末、
新たなる一つの国家となり、アークシール超帝国として産声を上げた。
様々な種族や、様々な文化を国々を飲み込んだ帝国には、
世界各地より数多の騎士が集い、いつしか〈 ナイトランド 〉と呼ばれるようになる。

古来より時間と空間を隔てた世界より現れる、未知なる異形の生命体〈 魔鬼オーガ
今、帝国は、時空を超え無尽蔵に現れる、魔鬼のかつてない程の侵攻にさらされていた。

ナイトランドにおいて3大騎士団と称されるウェザー騎士団。
騎士団の蒼天の騎士隊には、運命に抗い絶望的な死線を乗り越え懸命に生きる青年がいた。
果てしなく何処までも続く天空の下、青年は多くの出会いと別れを繰り返す。
この陰謀や野望渦巻くナイトランドにて、青年は我が道を今日も自由に生きて行く。






ト ラ ン セ ン ド ・ ブ ル ー × ナ イ ト ラ ン ド






 清 浄 編 


誰もが毎日を当たり前のように過ごしているこの世界。
しかし、永遠に続くと思われていた日常が、突然の終焉を迎える。
中学3年生である一人の少年もまた、世界の終焉の渦に飲み込まれる事となる。
少年の名は“ 榊 剣一 ”
少年が次に目を覚ました時、眼前には見たことも無い風景が広がっていた。

少年には史上最古と伝えられる古武術の心得があった。
武術の名は“ 天地清浄流 ”
新たな世界で少年に残されたのは、この天地清浄流と〈 一振の剣 〉

この世界には天地清浄流ではない、もう一つの清浄流が存在するのであった。
2つの清浄流が出会う時、太古の刀剣神の物語が紐解かれる。






第 0 0 1 話 第 0 0 2 話 第 0 0 3 話 第 0 0 4 話
第 0 0 5 話 第 0 0 6 話 第 0 0 7 話 第 0 0 8 話
第 0 0 9 話 第 0 1 0 話 第 0 1 1 話 第 0 1 2 話
第 0 1 3 話 第 0 1 4 話 第 0 1 5 話 第 0 1 6 話
第 0 1 7 話 第 0 1 8 話 第 0 1 9 話 第 0 2 0 話
第 0 2 1 話 第 0 2 2 話 第 0 2 3 話 第 0 2 4 話
第 0 2 5 話 第 0 2 6 話 第 0 2 7 話 第 0 2 8 話
第 0 2 9 話 第 0 3 0 話 第 0 3 1 話 第 0 3 2 話
第 0 3 3 話 第 0 3 4 話 第 0 3 5 話 第 0 3 6 話
第 0 3 7 話 第 0 3 8 話 第 0 3 9 話 第 0 4 0 話
第 0 4 1 話 第 0 4 2 話 第 0 4 3 話






ト ラ ン セ ン ド ・ ブ ル ー × ナ イ ト ラ ン ド






 日 輪 編 


栄華を極めるアークシール超帝国にも、当然のように光と闇は存在した。
超帝国内に数多く存在するスラム街も、そんな闇の一部なのである。

ナイトランドの辺境にあるスラム街に、1人の名も無き少年が居る。
天涯孤独の身である少年は、同じような境遇の子供達と共に逞しく生きていた。

ある日、街は〈 魔鬼(オーガ) 〉と呼ばれる謎の生命体の襲撃を受け凄惨を極める。
運悪く襲撃に巻き込まれ、むごたらしい姿となって発見される名も無き少年。
だが少年は、超帝国より派遣されたナイトランド最強の騎士に、その命を救われる。

月日の流れの中、騎士の下で修練に励む少年。
少年は次第に戦士として成長して行き、2人の友と呼べる存在と騎士団を設立する。
たった3人から始まった小さな騎士団は、様々な出会いと別れを繰り返す。
そしてやがて、ナイトランド最強の騎士団へと、駆け昇って行くのである。



第 0 0 1 輪 第 0 0 2 輪 第 0 0 3 輪 第 0 0 4 輪
第 0 0 5 輪 第 0 0 6 輪







ナ イ ト ラ ン ド  : K n i g h t l a n d




2001-2018 © DIGITALGIA

当ウェブサイトに掲載されている画像・文章など、著作物の転載・複製・改変などの一切を禁止しています。





  S p e c i a l T h a n k s  


                  


                  



本作品の一部を「小説家になろう」へ投稿しています。