ト ラ ン セ ン ド ・ ブ ル ー  ×  ナ イ ト ラ ン ド

0 0 3



 燦々と輝きながら天空を統べる3つの太陽のどれもが、未だ天頂への到達を果たせていない時分、スラム街を目的地とし馬機の背で揺られる8人のウェザーの騎士。
 彼らの此度の任務は、騎士組合であるナイトメディアから請けた魔鬼オーガの討伐依頼である。

 ナイトランド最大の規模と勢力を誇る騎士団と言えば、それは国家騎士団であるアークシール超帝国騎士団の事である。
 ナイトメディアは民間の組合組織である為に、超帝国騎士団が直接的な依頼を請けたという前例は無く、おそらくはこれからも無いであろう。
 そもそも超帝国騎士団は、国家唯一の騎士団という事もあり、エリート意識や自尊心の強い騎士が少なくはなく、貴族も数多く在籍している。
 そして、それだけの理由ではないが、超帝国騎士団に所属する騎士は、個人としてであっても副業のような形で、ナイトメディアの仕事を請ける事は固く禁じられていた。
 中には金に困り果て、隠れて仕事を請け負う輩もいるのだが、発覚した場合には相応の刑罰が待っているのであった。

 超帝国騎士団とは違い、ウェザー騎士団はあくまでも皇帝の私設騎士団である為に、ナイトメディアからの依頼であろうと何処からの依頼であろうと、騎士団はもちろん騎士個人としても仕事を請ける事は禁じられていなかった。
 ウェザー騎士団として依頼を請ける場合、その是非は各騎士隊の騎士隊三頭に全てが委ねられている。
 騎士隊三頭には各騎士隊においての絶対的な指揮権が与えられており、そんな存在がウェザー騎士団4個騎士隊、つまりは12人の騎士が存在するという事である。
 今回の蒼天の騎士と光陰の騎士による変則的な混成部隊も、騎士隊三頭のさじ加減ひとつで決まったものなのだ。

 ウェザーは皇帝の私設騎士団という事で、皇帝直系の皇族は超帝国騎士団ではなく、決まってウェザー騎士団に所属する事が慣わしとなっている。
 そんな事もあり、今回の任務には偶然にも皇族が参加していた。
 アークシール超帝国の皇太子であり、光陰の騎士隊の騎士隊隊長の座に就くのが、エドゥワード・アークシールである。
 エドゥワードの垂れ下がる程の長さには満たない短く整えられた金色の髪が、柔らかな風にメラメラと彼の気性を現すかのようになびいている。
 アークシール皇帝の髪色は深い藍色である為に、エドゥワードの美しく煌く金色の髪色は、母親から譲り受けたものなのであろう。

 軽快に歩を進める馬機の揺れる背で、エドゥワードは手綱も握らずに、どっしりとして胸の前で腕を組んでいた。
 隊服の上からでも見て取れる程の適度な筋肉質の肉体とは対照的に、その顔立ちは中性的であり、男女問わずに誰もが見惚れてしまう程の美男であった。
 しかし、その人を魅了し惹き付ける容姿とは裏腹に、大抵の者はエドゥワードの高貴な生まれや溢れ出す強気な雰囲気に萎縮してしまい、彼に近付こうとする者は余り多くはなかった。

 蒼天の騎士隊主席の座に就くボルグス・デッドライドと同様にエドゥワード・アークシールもまた、ナイトランドではその名が広く知られていた。
 それは、超帝国の皇太子であり光陰の騎士隊隊長という肩書き以上に
〈 稀代の印道術師 〉としてである。
 極めて強力な印道術を扱うアークシール家の中に置いても、エドゥワードの印道術は余りにも強大で異質であるがゆえに、ナイトランドを超えて遥か外の世界にまで、その名声を轟かせているのであった。

 エドゥワードは蒼天の騎士隊と同様に、白を基調とした生地の厚いコートのような服の上に、特殊な加工を施し鋼と同等以上の強度を持たせた琥珀の鎧を簡易的に装着している。
 琥珀の不規則で複雑な天然模様が、陽に照らされる度に光と陰を幻想的に浮かび上がらせていた。
 この美しい天然樹脂の化石を纏った装いが、光陰の騎士隊の隊服であり、その余りの美しさから、ナイトメディアが発行する風物誌「かざしるべ」で何度も特集されている程であった。

 険しい表情を見せるエドゥワードが、自らの肩を叩いて触れた蒼天の騎士に向かって首を傾げると、強い口調で言葉を放った。

「っおい、グロリアス! 帝都への帰還ついでだったとは言え、俺達をこの任務に巻き込んだのは、他でもないお前なんだぞ!」
「うぁ~あ、・・・そうだっけ!?」

 エドゥワードにグロリアスと呼ばれた蒼天の騎士は、有ろう事か大きな欠伸をしながら返事をするのであった。
 グロリアスも蒼天の騎士隊の隊服に身を包んではいるが、他の騎士達とは違って簡易的な鎧は身に付けておらず、だらしなく胸をはだけさせている。
 戦闘で負ったものなのだろうか、はだけた隊服から見える素肌には無数の傷が刻まれていた。
 この蒼天の騎士隊三頭の一角を担う騎士、返事はおろかその態度も無骨であり、馬上で上半身を仰向けに寝かせては両腕を枕代わりに気持ち良さそうに空を仰いでいる。
 超帝国の皇太子を相手に、このような態度を取れる者など、ナイトランド広しと言えど、この男ぐらいなものであろう。

 この有様は毎度の事なのか、エドゥワードはグロリアスの態度に不満があるわけではなく、そのぞんざいな物言いに不満があったようである。

「そ、そうだっけだとぉ!?」
「まっ、お疲れって事で良いじゃないの! 大した任務にならなかったわけだし、しかも報酬はちゃんと出るんだし!」

 グロリアスの返答に唖然と成りつつも、エドゥワードはこの男に何か言ってやらねばという思いで言葉を吐き出すのである。

「オーガが大量発生したとかで、お前達だけでは手が足らないとか言って無かったか!? それを酌んで俺は合流の要請を受けたんだ。それなのに「お疲れ」の一言で軽くあしらいやがって! お前いったい、これが何度目だと思っている!」
「何度だって良いじゃない! 俺はお前と任務を共にするのが楽しいんだよ!」

 グロリアスの余りにも直球の返答に、エドゥワードはただただ言葉を失うだけであった。
 肩の力を落とすエドゥワードは、このようなグロリアスとのやり取りにもすっかり慣れてしまっているのだろう。
 最後は諦めるように小さく呟く事で、我慢をするしか手は無かったのである。

「相変わらずふざけやがって。まったく、頼むからもういい加減に、勘弁してくれ・・・」

 エドゥワードを相手にまったく物怖じせず対等に会話をする事が出来る者は、極めて珍しい人種に分類されるであろう。
 エドゥワードを含め3人の光陰の騎士を今回の任務に個人的な要件で合流させた張本人こそが、蒼天の騎士隊三頭の一角である騎士隊筆頭の座に就くグロリアス・デイである。
 グロリアスもエドゥワードも、まだ年齢は20代といった所。
 2人は数々の戦場を共にしお互いの背を預けて来た戦友であり、幼き頃から肩を並べ歩んで来た竹馬の友なのであった。

 グロリアスのはだけた胸元や、枕代わりに袖を捲くった両腕に見られる無数の傷から察するに、グロリアスの全身にはまるで蜘蛛の巣の如く深く刻まれた傷が張り巡らされている事だろう。
 まだ20代とは言え、潜り抜けて来た死線の数は、どんなベテランの騎士でさえグロリアスには敵わなかった。
 鍛え抜かれた頑強な肉体は鋼のようであり、放たれる雰囲気が実際の体格よりも大きく、そして力強く見せている。

 エドゥワードよりも少し短い光沢のある黒髪をしたグロリアスは、男前な顔立ちだが愛嬌があり、表情は実に豊かでコロコロと目まぐるしく移り変わって行った。
 しかし、時より見せる鋭い眼光は、数多の修羅場を体験し紙一重の生死を乗り越えて来た者の眼であり、その目は武道術の真髄を覗いた者の瞳である。
 その瞳が宿した武道術の名は〈 清浄流 〉と呼ばれている。
 清浄流は、武の根源とされる最古の武道術であり、武が派生し進化した最新の武道術である。
 そうなのだ、グロリアス・デイは〈 天照清浄流 〉の極みに到達した者であり、そして、ナイトランド最強と称えられる騎士である。








ト ラ ン セ ン ド ・ ブ ル ー  ×  ナ イ ト ラ ン ド


0 0 4



 何か物悲しく弱々しい湿った風が、スラム街の外に広がる木原地帯を吹き抜けて行く。
 枝や木の実の擦れる乾いた音が、物悲しさをより一層助長させているのであった。
 ナイトランドにおいても大規模に分類されるこのスラム街の上空には、真っ青な空をキャンパス代わりに縦縞模様に立ち昇る黒煙と白煙が、まるで弔いの黒白幕のように厳かに揺らいでいた。
 建物をはじめとする様々な材質で作られた物が燃えた臭いと、人間のたんぱく質や脂質が燃えた臭いが混じり合う事で、スラム街は悪臭を生成している。
 この薄気味悪い悪臭は、発生源であるスラム街から風下へと、不規則な動きで漂っていた。
 ウェザーの騎士を背にした8機の馬機は、随分と前から異臭に気付いてフレーメン反応を起こしている。
 馬機はフェロモンの分析だけでなく、臭いから危険を察知した時にもフレーメン反応を起こすのであった。

 そのような悪臭が騎士達にも充分に届く所まで、スラム街へと距離を縮めていた。
 悪臭など騎士達にとって、幾度も赴いた戦場では当たり前の匂いであり、とっくに慣れて無関心になっているのだろう、匂いの漂う中を馬機に揺られながら平然としているのであった。

 ただ1人エドゥワードはと言えば、無駄足を踏まされ自らにとってまるで無益となってしまった此度の任務。
 やり場の無いモヤモヤした感情を、左隣の馬上で寛ぐ元凶にぶつけていた。
 馬機の背で上半身を仰向けに寝転がるグロリアスの脇腹を、エドゥワードが鞘に納まった自身の剣で、ゴスゴスと鈍い音を出して強く小突くのである。

「よせよ、エドゥワード。くすぐってぇーぞ!」

 どうした事か小突かれるグロリアスは、痛がるどころかケタケタと笑い出すのであった。
 エドゥワードはグロリアスの脇腹を剣の鞘で撫でているのではない。
 アバラの骨の1本や2本が折れてしまう程の強度で小突いているのである。
 このグロリアスの反応に驚く騎士は、この混成部隊の中には誰もいなかった。
 同じく1ミリたりとも驚いた様子を見せないエドゥワードは、グロリアスに向かってただ悪態をつくのである。

「・・・っふん、この化け物め」
「天下の皇太子殿下が、ひでぇ事を言いやがる」

 そう言い返すグロリアスの言葉で、この場に微妙な空気が流れるのかと思いきや、

『っぷ!? はっははは!!』

 エドゥワードとグロリアスの2人は、意味も無く揃って笑い出すのであった。

 このようにグロリアスとエドゥワードが戯れる姿は、今この場に居合わせる騎士達にとっては馴染みの光景である。
 しかし、気難しい事で知られるエドゥワードが、こんなにも愉快に談笑している様を目撃した事がある者など、ナイトランドでも数える程しかいないのであった。
 そんな数える程しかいない内の3人が、隊列の最後尾を行く3人の蒼天の騎士である。

 エドゥワードは光陰の騎士隊隊長の役職に就いてはいるが、何かしらの任務に赴く際には、決まって数名の馴染みの騎士とでしか行動を共にする事は無かった。
 馬機の隊列、エドゥワードのすぐ後ろに控え、隊列の3列目を行く光陰の騎士こそが、その数名の内の2人である。
 ウェザー騎士団は組織体系やその活動形態が特殊であり、各騎士隊に属する3個部隊の各部隊で任務に当たる事が常である。
 その際においての現場での実質的な指揮官は各部隊長という事になる。
 その為に、騎士隊隊長であり騎士隊三頭であるエドゥワードと任務を共にする者というのは、極僅かなのであった。
 もちろん、例えばデッドライドのように、自らが騎士隊や各部隊の陣頭指揮に当たる騎士隊三頭も当然存在している。

 隊列最後尾の3人は蒼天の騎士ではあるが、蒼天の騎士隊筆頭であるグロリアスによく連れられては任務の派遣先で、騎士隊が異なるはずのエドゥワードと顔を合わせる機会が多くあった。
 言ってみれば、今回の任務のような状況がまさにそうであり、エドゥワードにとっても3人は馴染みの顔である。

 3人は随分と若い騎士であり、人によってはまだ子供じゃないかと言われるのかもしれない。
 しかし、ここナイトランドにおいて、子供が騎士隊に所属している事など何の不思議でもなく、ましてや世間から非難される事もなかった。
 そんな3人の若き蒼天の騎士で、馬機に揺られる両端の2人の騎士は、年の頃が10代半ばぐらいと言った感じの少年騎士である。
 右端の少年騎士クレアラ・バルドニーアは、体の線はまだまだ細く、おっとりとした幼さが残る柔らかで朗らかな表情からは、血生臭い戦場など似合わず虫も殺せないのではないかという雰囲気を放っている。
 そして、左端の少年騎士ハインド・ハイフナイファンは、クレアラとは対照的で少年にしては随分とがっしりとした体格であり、表情には如何にも生意気でやんちゃそうな雰囲気がある。
 そのハインドが嘆くようにして、隊列の最後尾から声を上げるのであった。

「グロリアス師匠とエドゥワード殿下のお2人と、共にする任務がこれで終わりだなんて・・・ 俺は、心の底から残念だと思っていますよ!」

 ハインドはグロリアスの事を師匠と呼び慕っているのだが、実際に2人の間に師弟関係などはない。
 しかし、技術は見て盗めを地で行くように、訓練時はもちろんの事、グロリアスが任務に当たる際には率先して付き従っていた。
 そんな何気に部下に慕われているグロリアスであるが、ふいにひょいっと起き上がると、背筋を伸ばし改まったような調子で2人の少年騎士へと声を掛ける。

「ハインド、クレアラ。2人とも今日まで良くやったな! 叢雲むらくもはうちと違って厳しいだろうが、まぁ、頑張れよ!」
「へっへーー! 師匠、そんなの余裕ですよ! なっ、クレアラ!」
「どうかなぁ・・・」

 調子に乗るハインドとは違い、クレアラは不安で一杯のようだ。

 蒼天の騎士隊に次いで、ほぼ同時期に創設されたのが、叢雲の騎士隊である。
 叢雲の騎士隊は他の3個騎士隊に比べて、少数ないしは単独で任務に当たる頻度が高く、その特殊性から個々の能力が高い騎士が多く在籍している。
 ハインドやクレアラの若さで、そんな騎士隊への転属ともなれば、2人が如何に優秀な騎士であるのかが分かるであろう。

 そんな優秀な2人だからであろうか、役職付きでもない少年騎士に対して、エドゥワードにしては珍しく言葉を掛けるのである。

「お前達の若さで叢雲への転属など、大したものだ。あそこの騎士隊隊長はスタイシュナー殿だったか、存分にシゴかれて来い」
『ハイッ!!』

 光陰の騎士隊隊長である皇太子エドゥワードの激励に、ハインドとクレアラは揃って威勢よく返事をした。

「生きてまたグロリアスに顔でも見せてやってくれ。こいつはこれでも、なかなかの寂しがり屋だ」
 そんなエドゥワードの言葉に、グロリアスは「ふっ」っと軽く鼻で笑うのである。

 自分の部下の門出はやはり嬉しいものなのだろう、グロリアスはエドゥワードの声を耳にしながら、再び馬機の背で仰向けに寝転がると、ニヤニヤと笑みを浮かべては目を細め、このナイトランドの蒼天に思いを巡らせるのであった。







003  目次  005







2001-2018 © DIGITALGIA


当ウェブサイトに掲載されている画像・文章など、著作物の転載・複製・改変などの一切を禁止しています。